結婚披露宴イメージ

結婚披露宴の種類はいくつかあります

結婚披露宴の種類はいくつかあります

結婚披露宴は生涯の記念となり思い出になります。特別な事情がない限りは行うことが望ましいでしょう。
神前式、教会式、仏前式、自宅式、人前式などの種類があります。
従来、日本人の結婚披露宴といえば神前式が主流でした。
厳かな雰囲気の中で進めることができます。
華やかな印象のある教会式は原則的に宗教や宗派に属していることが必要ですが、牧師や教会によっては宗教や宗派の違いを超えて挙式を行うことが可能であることがある為、問い合わせを行ってみると良いでしょう。
仏の前で結婚を誓う仏前式は二人の結婚は生まれる前から決まっていたことを仏に感謝します。
流れはほぼ神前式と同じです。
地域によっては伝統を重んじているという理由などから式場を借りることなく自宅式を行う場合があります。
新郎の自宅や仲人の自宅などで行われることが多い傾向です。
人前式は参列するゲストに対して、新郎新婦が結婚の誓いを行います。
宗教や宗派に特にこだわりがない方、形式や外見よりも内容を重視する方にオススメです。
さまざまな式場の中から場所を選ぶことができる為、式場の選択肢の幅が広くなり、結果的にリーズナブルに式を進めることが可能です。
流れをしっかりと把握しておくことでスムーズに進められることでしょう。
結婚披露宴の基本的な流れがいくつか紹介されているサイトがあります。
こちらはお色直しあり、なしの場合の流れについてなどわかりやすくかいてあります
ので是非ご覧ください。

結婚披露宴の会場の種類には、専門の式場やホテル、公共の式場などがあります。
専門の式場やホテルは公共の式場に比べると若干割高になる傾向がありますが、食事の内容や音響など提供されるサービスとのバランスを考慮することが良いでしょう。
招待するゲストの為に交通アクセスを調べておくことが望ましいです。
その他の結婚披露宴の前に行う必要な準備についてはこちらをご覧ください。
招待するゲストは、家族や友人、親戚など新郎新婦と親交のあることが一般的です。
結婚披露宴の種類にもよりますが、できるだけ新郎新婦の門出を祝う人々を招待することがポイントです。
新郎新婦がお互いに招待するゲストの人数や層、年代などのバランスが同じになる様に話し合うことが良いでしょう。
私の友人は人前式を行った為、アットホームでフランクな雰囲気に包まれていました。
友人の人柄もあり全体的な雰囲気がとても良かったため、私の時も人前式にしました。
当日はかなり慌ただしかった為細かい点はともかくとして、全体的には自分たちらしさを出した良い式になったと感じています。
ゲストにもちょっとした趣向をこらした為、楽しんで頂けたのではないでしょうか。
新郎新婦が主役でありつつ、招待されたゲストにも良い気分をお裾分けできる様なイベントになることが望ましいでしょう。