結婚披露宴イメージ

結婚披露宴でキラリと光る祝儀の金額

結婚披露宴でキラリと光る祝儀の金額

結婚披露宴に招待されるのは喜ばしいことです。
おいしいご飯にきらびやかな衣装、二人の晴れの門出を同じ場で祝福できる、そういう場に招待されたということですから、ありがたく出席したいものです。
しかし、喜んでばかりいられないのが、祝儀の額です。
結婚披露宴のご祝儀は、多すぎても少なすぎても、新郎新婦を困らせてしまいます。
新郎新婦は、全額とは言わずも、ある程度は祝儀を見越した計画を立てているものです。
金額は、縁起の悪い4や9がついてはいけない、2で割れる2万や6万もいけないなどとされています。
前者は言うまでもなく、死や苦を連想させるからで、後者は、半分に分けられない金額にしておくと、離婚してもうまく分けられないため、離別せずにいられるということが理由です。
もっとも、例えば3万という金額も、1万5千ずつに分けられますが、これは、「紙幣の枚数が偶数だといけない」と説明されます。
これを追求していくと、ならば10万円(かなり近い親族でしかありえない金額ですが)も紙幣は偶数枚でないかということになりますが、理屈で片付けられる問題でないので、理にかなった説明を求めるのは意味がないことでしょう。
それで、結局、友人の結婚式だと、3万円が一つの相場となっているわけです。


しかし、若いゲストにとって、3万円は安い金額ではありません。
何とか2万円で済ませたいと思うのも無理からぬことです。
実際、近年は、あまり紙幣が偶数枚であることは問題視されなくなってきています。
つまり、2万円を包むことも許されます。
さらに、紙幣が偶数枚である事がいけないのならということで、2万円を包むなら1万円札1枚と5千円札2枚にすれば失礼でないとされています。
よって、念のためその方法を採れば、なお問題ありません。
一方、スタイリッシュな方法として、2万円でなく2万5円を包むという方法もあります。
20005という数字は、数学的にも奇数なので割り切れません。
もちろん、「ご縁」にもかかっていて、結婚というイベントにふさわしい金額です。
ただし、祝儀が2万円で許されるのは、世間的には年齢が20台前半くらいまででしょう。
それ以降ともなると、経済力がついてきており、2万しか包まないということは非常識とされるのが普通です。
私は、2万5円を包むという方法を知ったのは最近のことで、すでに2万円の祝儀が許される年齢を過ぎていました。
20代前半、または学生の方は、2万円を包んでも問題ないでしょうが、ここはひとつ、2万5円を包んで、よいご縁をつかんでみてはいかがでしょうか。
その他の結婚披露宴のマナーはこちらにかいてありますので参考にしてください。