結婚披露宴イメージ

結婚披露宴に出席できない場合は祝電を打ちお祝いを伝えるといい

結婚披露宴に出席できない場合は祝電を打ちお祝いを伝えるといい

人生の分岐点である結婚を周知のものとするために対外的に結婚披露宴を行なうという場合もありますが、大抵の場合は素直に結婚を祝福してもらいたいという希望から結婚式を執り行う場合がほとんどです。
結婚するということは他人同士が家族になるという素晴らしいことなので盛大にお祝いすべきだと言え、できることなら直接新郎新婦に対面した形でお祝いの言葉を述べるべきだと言えますが、仕事の都合や急な入院などで結婚披露宴にも二次会のも参加できないという場合はせめて祝電を打ち電報という形でお祝いの気持ちを伝えるといいでしょう。
最近では携帯電話のメールなどで簡単にお祝いの言葉を伝えることが可能となっていますが、メールでお祝いを伝えるだけというのも味気ないものですし心が篭っていないと捉えられてしまっても仕方が無いのであまりお勧めできないと言われています。
披露宴には参加できないものの二次会には参加できるという場合であれば直接新郎新婦のどちらかにお祝いを伝えることも可能ですし、新郎新婦のどちらかと直接会える場所に住んでいる、又は仕事をしている場合であればやはり直接自身の肉声でお祝いの言葉を伝えるのが一番だと言えるでしょう。


どうしても直接お祝いの言葉を述べられない場合は祝電を打つべきであり、電報を打つ方法を予め記憶しておけばいざという時であっても焦らずお祝いの言葉を届けられると言えます。
一昔前までは電報は電話で打つことが一般的でしたが、最近ではインターネットから電報が打てるようになっていることからかなり簡単に、そして早急に祝電を打ち相手方に届けることが可能となっています。
電報を送る場合の注意点としてあて先をしっかりと確認しておくことを忘れてはいけないという事が挙げられます。
結婚披露宴が執り行われるホテルや式場の住所、新郎新婦の名前や両家の姓名などを間違えないようにして電報を打つように心掛けるといいと言えるでしょう。
電報は即日で届けてくれるという迅速さが好評を得ているサービスではあるものの、事前に申し込みを行なっておけば割引が受けられるといった電報も結構な数が存在しているので予め電報を出す期日が分かっている場合であれば当日や前日ではなく一週間程度前から申し込みを入れておくことも検討してみるといいでしょう。
結婚式に送る祝電の文章マナーとして覚えておくべきこととして、別れを連想させるような言葉は避けるべきだとされているので文体にも十分注意すべきだと言えます。
http://vincentvincentandthevillains.com/wd01.htmlにも電報の書き方が載っていますので、参考にしてください。

こちらhttp://idolheaded.com/には女性なら誰もが一度は憧れたであろうウェディングドレスやブーケの選び方が載っています。
体型にあったドレスのデザインと選び方も載っていますので、是非参考にしてください。