結婚披露宴イメージ

結婚披露宴で行う出し物といえば

結婚披露宴で行う出し物といえば

私は、親族の結婚式やお友達の結婚式や会社の同僚などの結婚式などに出席し、数々の結婚披露宴に出向きました。
そのため、いろいろな出し物も見てきましたし、実際私も何度か参加させていただきました。
定番といえば、友人たちによる贈る歌を披露することがあげられます。
その時に流行っている曲や、結婚式にふさわしい曲を選んで、数人で歌うというのが、本当に定番中の定番であるといえます。
もちろん私も歌ったことが何度かあります。
初めて歌ったのは忘れもしないいとこの結婚式でのことです。
大好きないとこの結婚式だったため、とても舞い上がっていましたが、そんな時に、突然おじさんから、歌を歌ってほしいとお願いがありました。
何故私に依頼がきたのか正直驚きました。
しかも結婚披露宴の真っ最中での突然の出来事だったため、さらに驚きましたが、当時流行っていた歌を一人で歌いました。
その後は、友人の結婚式でスピーチをしたりしましたし、もちろん歌も歌いました。
その時は、ピアノが上手な友達がいたため、その友達にはピアノを弾いてもらい、残り数名で歌を歌いました。
招待された側からの出し物はこういったことが一般的だと思います。
当たり前のことではありますが、欠かせない大事なことでもあると思います。


私の結婚披露宴では、ちょっと変わった出し物をしていただきました。
私の友人と、旦那の会社の方たちは、普段から交流があり、よく遊んだり催事のアルバイトとして学生時代よく雇われていたため、広い意味でのお付き合いがありました。
そのため、お互いの友人たちが一緒になって、披露宴を盛り上げてくれました。
また、ちょっと変わったところでは、ある旦那の会社の先輩は、バスローブ姿で、とても有名なプロレスラーのものまねをしながら登場し、おきまりの掛け声をかけて、そそくさと退場するといったことをしてくれましたし、後輩は、変な着ぐるみをきて登場し、有名な曲をアレンジして替え歌を歌いながら、披露宴会場を練り歩くということをしてくれました。
私も、あまりの衝撃に驚きましたが、会場は爆笑の渦に包まれ、とてもにぎやかな披露宴となりました。
私の披露宴は、本当に、今まで経験したことのないような結婚披露宴になり、感動というよりはむしろ楽しかった披露宴となりました。
このような心に残る出し物を考えてくれた方たちには感謝の気持ちでいっぱいでした。
そして、このように思い出に残る結婚披露宴をあげることができた私はとても幸せだと思います。