結婚披露宴イメージ

結婚披露宴の司会進行は誰にお願いするか

結婚披露宴の司会進行は誰にお願いするか

結婚披露宴の司会進行の係は披露宴会場のプロにお願いするという方法もありますが、披露宴に出席してくれる友人や親せきなどのなかで、節度があって、気転の効いたアドリブや笑いをとれる楽しい話し方のできる人がいたら、お願いするのもいいです。
男性であっても女性であっても、1人でも2人でもいいと思います。
けれども、人選は難しいです。
司会進行の方の仕事は、名前通りの進行以外に2つの大事な要素が含まれています。
その1つには、進行者の人柄です。
進行者の話し方ひとつで披露宴の雰囲気を変えるくらいの重要な役目だといえます。
また招待されたお客様のスピーチなどの紹介など、1つ終わるたびに席を立たなければならないので、ほかの招待客のように、席についてゆっくり談笑し食事をしていられません。
ですから、いくら適任者でも親しさの度合いで気の置ける友達にしか頼めません。
また、まじめすぎてもよくなくて、堅苦しくならず、なごやかな雰囲気づくりへの配慮ができる適任者はそう多くはないかもしれません。
それだけに、新郎新婦にとって、披露宴を思い出すたびに司会の方の印象が披露宴の印象となっていることが多いです。 我が家は、落語研究会に所属していた友人に頼みましたが最高でした。


結婚披露宴のやり方もずいぶかわったので、招待客によって雰囲気もかわりますが、最近では、お色直しに新郎新婦が退場する間は、スピーチもなしにして、食事タイムにされることが多いですが、この時間に二人の小さかったころの写真などをスクリーンに写したり、新郎新婦の片方をよく知らない招待客や話題の少ないテーブルの人たちへの配慮もされています。
司会者もこの時間はゆっくり歓談できます。
けれども、司会者の仕事のもう1つの要素は、決められた時間内にきっちり終わらせるためのタイムキーパーをしなくてはいけないです。
ですから、臨機応変にそのときとのときで気転をきかせる必要が生じることに対応できなければばりません。
ある意味とても神経を使う役目です。
ほかの会合と違って、リハーサルがほとんどできないため、お願いしているスピーチが人によって長引いたりするとあとの人のスピーチの時間に響いたりするので、新郎新婦と事前の打ち合わせも大切です。
補欠といっては失礼ですが、カットされるかもしれないスピーチも、あらかじめ来客にお願いしておく配慮も必要なのです。
招待したお客様が気持ちよく楽しく披露宴の時間が過ごせて、新郎新婦が皆から祝福されたら、司会者の仕事は満点です。